第4回 生活科学系コンソーシアムシンポジウム

 日時  2015年12月20日(日)シンポジウム13:30~17:30  交流会17:40~19:10
 開催場所 お茶の水女子大学 本館306室(シンポジウム)  本館103室(交流会) 〒112-8610東京都文京区大塚2-1-1
 内容  「これからのくらしに家政学が果たす役割―資格士養成教育での展開―」
 参加人数  33名
  第4回 生活科学系コンソーシアム シンポジウム「これからのくらしに家政学が果たす役割―資格士養成教育での展開―」を2015年12月20日(日)お茶の水女子大学にて開催いたしました。 今回は、人間の生活に関わる生活支援のための具体的な職業である、教員、医師、看護師、保健師、保育士、管理栄養士・栄養士、それぞれの資格士養成教育に携わっていらっしゃる各専門領域の4名の先生方をお招きし、「人との関わり」や「人のくらし」と専門分野を繋げる視点での教育についての現状とともに、実施にあたっての課題や限界、家政学に期待することなどについてお話しいただきました。これからの家政学のあり方に対するたくさんのご示唆を頂戴し、また、活発な意見交換もあり、とても有意義なシンポジウムとなりました。 151220シンポ写真全体