家政学分科会概要

日本学術会議 健康・生活科学委員会家政学分科会

日本学術会議と「家政学」との関わりは、第13期に家政学研究連絡委員会が設置された時に始まり、以来、第19期に至るまで家政学関連学会から一名の学術会議会員を送り研連としての活動を続けて来ました。
しかしながら第20期は会員選出方法の改訂により「家政学」分野からの会員が選出されない中で機構改革が進みましたが、他分野の会員の皆様、取り分け第20期の健康・生活科学委員会加賀谷淳子委員長のお力添えにより、生活科学(=家政学)との定義の元に生活科学分科会が設置されることになりました。

正式名称「日本学術会議健康・生活科学委員会生活科学分科会」は、平成17年10月に発足した第20期日本学術会議に設置された30の分野別委員会の一つである健康・生活科学委員会に所属する一分科会として「生活科学(=家政学)」との定義の元に第20期および第21期において分科会活動を展開して来ましたが、今期(第22期)の活動の中核にある「「家政学」分野の質保証」を検討するにあたり分科会名を「日本学術会議健康・生活科学委員会家政学分科会」と名称を改め「家政学」と正面から取り組み、「家政学」分野の質保証基準の作製に当たりたいと考えています。

因に、「家政学」は人間生活における人と環境との相互作用について、人的・物的両面から研究し、生活の質の向上と人類の福祉に貢献する実践的総合科学で、関連する人文・自然科学の研究分野や社会の諸問題を、生活する人の視点から統合的に捉え、他の学術分野と補完し合いながら、現代の変化に富む社会のニーズに対応するものです。

従って、人の暮らしや生き方に関連する今日的課題を総合的に検討し、全ての人が健康で生き甲斐を持って人生を全うするための方策を、生活者の視点に立って提案することを目的としています。

提言 他

提言:「食生活の教育」(平成20年7月24日)

資料ダウンロード

報告:「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準:家政学分野」(平成25年5月15日)
2008 年(平成 20 年)5月、日本学術会議は、文部科学省高等教育局長から日本学術会議会長宛に、「大学教育の分野別質保証の在り方に関する審議について」[1]と題する依 頼を受けた。このため日本学術会議は、同年6月に課題別委員会「大学教育の分野別質保証の在り方検討委員会」[2]を設置して審議を重ね、2010 年(平成 22 年) 7月に回答「大学教育の分野別質保証の在り方について」を取りまとめ、同年8月に文部科学省に手交した。 同回答においては、分野別質保証のための方法として、分野別の教育課程編成上の参照基準を策定することを提案している。日本学術会議では、回答の手交後、 引き続きいくつかの分野に関して参照基準の策定を進めてきた。
今般、家政学分野の参照基準を取りまとめることを目的として、家政学分科会委員を中 心として「健康・生活科学委員会家政学分野の参照基準検討分科会」が立ち上げられ、家政学分野の参照基準が策定された。同分野に関連する教育課程を開設し ている大学をはじめとして各方面で利用していただけるよう、公表した。

資料ダウンロード

記録:「家庭科及び家庭科教員養成に関する調査-これからのくらしに家政学が果たすべき役割を考えるために-」(平成26年8月1日)

資料ダウンロード

提言:「 生きる力の更なる充実を目指した家庭科教育への提案―教員養成の立場から―」(平成29年9月20日)

資料ダウンロード

その他

「人と生活」出版 2012.11
第22期日本学術会議会員および連携会員で構成された健康・生活科学委員会家政学分科会の全員からなる『「生活する力を育てる」ための研究会』によって刊行したもの。高度に経済成長した社会に生まれ育ち、これから社会人として社会を支える役目を担う大学生に対して、人と暮らしに関する総合的な教育が必要であることから「生活する力を育てる」ことを目指す内容の教養科目の開設を提案。講義のモデルとなるシラバスの提案とともに、テキストとしても利用可能な本を作成。
家政学会誌 報告 2014.11
日本学術会議健康・生活科学委員会家政学分科会「家庭科教育の現状調査」に関する活動報告 日本家政学会誌 Vol65 No11 p643-652 2014