生活科学系コンソーシアム主催第10回公開シンポジウム「With/Postコロナ社会とヒトの生活-生活科学からみた課題-」のご案内

資料をPDFでダウンロードできます。

資料ダウンロード

日 時 : 2021年12月18日(土) 13時30分~16時25分
場 所 : オンライン開催(Zoom)
申込方法: 12月12日(日)までに以下のサイトからお申し込みください。
https://forms.gle/tQVC6rWwWrnNxsT99
定 員 : 300名(申込先着順)
参加費 : 無料
趣 旨 :
コロナ禍が長期化する中で、我々は様々な生活変化を経験しています。これまでの生活にあった課題や矛盾も顕在化しています。このようなWithコロナ時代の現状を正しく認識し、ここを乗り越えてより健康で豊かで安全・安心なPostコロナの時代を築いていくには何が求められるでしょうか。
今回のシンポジウムでは、生活科学系コンソーシアムの5つの構成学会から、Withコロナ/Postコロナ時代の生活と課題について、各専門の立場で報告し、その後意見交換を行います。「より良い生活を目指して生活を多面的に研究し、成果を社会に還元する」という生活科学系コンソーシアムの趣旨にそって、今後シリーズで展開するシンポジウムの第1回目です。

13:30~13:35 開会挨拶
杉山久仁子(生活科学系コンソーシアム会長、横浜国立大学教授)
13:35~14:00 貧困と社会的排除をこえる生活設計・生活経済
上村協子(生活経済学会会長、東京家政学院大学教授)
14:00~14:25 医療用防護服の防護機能性と快適性
内田幸子(日本衣服学会会員、高崎健康福祉大学教授)
14:25~14:50 コロナ禍の経験からポストコロナの生活の課題を考える
-人間と環境の相互作用を研究対象とする家政学の立場から-
久保桂子(日本家政学会監事、和洋女子大学特任教授)
14:50~15:00 休 憩
15:00~15:25 アフターコロナへ向かう健康心理学
田中共子(日本健康心理学会理事長、岡山大学教授)
15:25~15:50 新型コロナウィルスと食品安全ー世界の動向、日本の動向
小西良子(日本食品衛生学会会長、東京農業大学教授)
15:50~16:20 ディスカッション
16:20~16:25 閉会挨拶
守髄香(生活科学系コンソーシアム副会長、共立女子大学教授)

お問い合わせ先:生活科学系コンソーシアム事務局
lifescicons[at]gmail.com([at]を@に置き換えて下さい)