生活科学系コンソーシアム主催第12回シンポジウム「With/Postコロナ社会と人の生活-生活科学からの提言-」のご案内

第12回生活科学系コンソーシアムシンポジウム案内

テーマ : With/Post コロナ社会と人の生活 -生活科学からの提言-
日 時 : 2022年12月11日(日) 13時30分~16時25分
場 所 : オンライン開催(Zoom)
申込方法: 12月4日(日)までに以下のサイトからお申し込みください(申込後確認メールが届きます)

https://forms.gle/tPeFqECsNtDdceKm7

定 員 : 300名(申込先着順)
参加費 : 無料

趣 旨  :
生活科学系コンソーシアムでは、よりよい生活を目指して生活を多面的に研究し、成果を社会に還元していくことを目的として関連学会が連携して活動しています。2021年度から生活科学の視点でWith/Postコロナ社会と人の生活について検討するシンポジウムを開催しており、今回が3回目です。今回は、3つの学会からの報告とともに、これまでの内容を振り返り、意見交換を行います。是非、ご参加ください。

プログラム

司会・進行  宮野道雄(家政学分科会委員、大阪公立大学・理事長顧問、特任教授)

13:30~13:35 杉山久仁子(生活科学系コンソーシアム会長、横浜国立大学教授)
開会挨拶

13:35~14:00 大矢勝(日本繊維製品消費科学会元会長・諮問委員、横浜国立大学教授)
「消費科学的観点からWith/Postコロナの影響と課題を整理する」
消費科学は消費者視点で物質面や精神面での生活環境を分析・考察する学問である。今回は繊維製品関係のマトリクス要素として、ファッション・アパレル、衣服材料・衛生、衣料管理、消費者心理等のdisciplineと、消費者、生産者、教育現場等のstakeholderに着目し、各区画でのWith/Postコロナの影響・対策を整理し、生活科学的な統合型思考の課題を探る。

14:00~14:25 河上繁樹(国際服飾学会理事、服飾美学会代表委員、関西学院大学教授)
「With/Postコロナ社会における服飾系学会の活動」
国際服飾学会では、2年に一度、日本・韓国・台湾の持ち回りで国際服飾学術会議を開催してきた。2020年度は、日本で開催予定であったが、新型コロナウィルス感染拡大のために延期され、ようやく2022年8月に対面とオンラインの併用による国際会議を開催することができた。このトピックを中心に、With/Postコロナ社会における服飾系学会の活動について報告する。

14:25~14:50 菅野ももこ(服飾文化学会理事、文化学園服飾博物館学芸員)
「大学博物館・美術館 ヴァーチャル見学会の実施について-服飾文化セミナー・研究例会での試みと今後の展望-」
服飾文化学会では、2021(令和3)年度「服飾文化セミナー・研究例会」として、大学博物館・美術館における服飾文化の展示を取り上げた。コロナウィルス感染症感染拡大防止のため、オンラインにて実施した第1部「大学博物館・美術館バーチャル見学会」と第2部の講演会について報告する。

14:50~15:00 休憩  (質問受付)

15:00~15:20 質疑応答

15:20~16:20 パネルディスカッション:連続シンポジウムの総括-生活科学からの提言-
3回のシンポジウム要点整理   杉山久仁子

16:20~16:25 守隨香(生活科学系コンソーシアム副会長、共立女子大学教授)
閉会挨拶

お問い合わせ先:生活科学系コンソーシアム事務局