第10回生活科学系博士課程論文発表会

日時 平成31年3月19日(火)13:00~17:00
開催場所 共立女子大学(東京都千代田区一ツ橋2-6-1)
内容 8名による課程博士学位取得者による研究成果の発表
参加人数 30名

 生活科学系コンソーシアム主催の2018年度生活科学系博士課程論文発表会が3月19日(火)に開催された。発表者は8名で、それぞれの専門分野は、被服領域、食物領域、住居領域、家庭経営領域、児童領域と広範囲で、文字通り複合分野を自認する家政学らしい構成であった。
  質疑応答では、主として方法論に関する意見や質問がなされ、質疑を通じて学術論文としての課題が明確化されるような、温かいエールに裏打ちされた厳しい言及も多数あった。方法論に質問が多いことは、発表時間が短いために詳細が説明できないという原因も考えられるため、発表会方法などを検討し、発表者にとって有効な場としていきたい。
 発表後には、会長から全員に学術奨励賞が授与され、さらに場所を移動しての懇親会へと続いた。懇親会でリラックスした発表者が、相互に研究について語り合う姿があり、ここにも本発表会の意義を見出すことができた。